腎臓内科

慢性腎臓病(CKD)について

腎臓内科は学校や職場の健康診断などの検尿にて蛋白尿などの異常を指摘された方、また腎機能障害を指摘された方、糖尿病や高血圧などで他院にて腎機能障害をすでに指摘されている方などの腎疾患を中心として診療を行っています。近年、慢性腎臓病(CKD)という概念が導入されました。

この慢性腎臓病といわれる患者さんの数は本邦で1330万人と報告されています。これは成人の8人に1人の計算となり、まさに国民病として大きな問題とされています。

慢性腎臓病(CKD)の問題点としては
  1. ①将来透析療法などの代替療法が必要になる可能性があること、
  2. ②慢性腎臓病の方は一般人口と比較して心血管疾患の危険性が高いこと、

この2つが指摘されています。いずれにしても慢性腎臓病(CKD)の早期発見、早期治療が重要であることは明らかです。
慢性腎臓病(CKD)の治療には投薬治療だけでなく食事療法や生活習慣の是正が不可欠です。
よって当院においての診療は医師、看護師のみならず栄養士や薬剤師なども含めてさまざまな医療職の職員とともに連携をはかりながら行っております。
腎臓病の治療はご本人に食事や日常生活の制限を強いることが多いものですが、ご家族との協力を得て一緒に行っていければと考えております。
腎疾患のみならず、腎臓に関してご心配なことなどございましたら受診いただければと思います。

腎臓内科部長 池田直史

今月の診療体制表

午前9:00~11:30 - 池田 - 野辺 新津(月1) 新津(不定期)
午後13:30~16:30 - - - 金井 -
診療時間

当院の外来診療は、全科予約制となっています。
当日診療の場合でも、事前に予約をお取り頂くようお願いします。
当院では、患者さんの待ち時間を少しでも短くするため全科予約制となっています。ただし診療内容によって待ち時間が発生することはご了承ください。
ご予約は、お電話またはファックスで受け付けており、診療科に空きがあれば当日予約にも対応できます。 30分単位の予約枠ごとの診療となります。

予約の方法

さやま総合クリニック予約専用電話

04-2953-9995

受付時間:月~金曜日  8:30~19:00 土曜日  8:30~12:30